ケニー・バレル他

2017年06月15日(木)

梅雨真っ只中の関東地方ですが、晴れたり、雨が降ったり不安定な天気の今日この頃ですが、本日はジャズのレコードを店頭買取にてお売りいただきました。
BlueNoteやPrestigeの米盤、国内のTBM(スリーブラインドマイス)等、名盤を60枚前後お持ちいただきました。
「以前アメリカに住んでいた時に買ったもので、その当時の思い出があったりで中々踏ん切りがつかなくてね、でももうプレイヤーも無いし、またいつか聞こうと思っていたけれど、やっぱり聞かないから持ってきたよ」
とおっしゃっていました。
盤はとても綺麗で大事にされていた事がレコードから伝わってきます。
レコードは膨大な販売データから相場を算出、買取相場が決まりますが、思い出には料金は付けられない事が心苦しく思います。
査定も終わり、お電話にてご連絡、快くお売りいただきました。
ベニイグッドマンが安価査定で残念そうにしておられましたが高柳昌行が高価買取でビックリしていました。

当時買った記憶も曖昧で、聞いた記憶が殆どないレコードとおっしゃられてましたが、今需要がありますので高価買取になります。お客様の好きなレコードと価格がマッチングしなかったので少々困惑なさっていましたが、モダンジャズ、アヴァンギャルド、フリージャズ市場の成熟、近年のトップコレクター動向、音楽メディア、DJフィールドの変化と共に相場が変化します。
高価なレコードだからいい音楽、安いレコードだから悪い音楽、という訳ではありません。音楽に良し悪しなどはなく、自分自身に響くか響かないか、という単純な事なのです。
当店はどんなレコードでも歓迎です。
ですが大事なレコードは売らないで下さい。
大事なレコードでも手放す決心がついた物は歓迎です。
買取のご相談お待ちしております。

  |