富岡多恵子LP買取

2021年08月20日(金)

店頭でのお持ち込みでのレコード買取で、詩人・小説家の富岡多恵子さんのLP盤「物語のようにふるさとは遠い」を買取させていただきました。1976年の本作は作・編曲に坂本龍一を迎えての音楽的濃度が非常に濃い、芸術的なアート作品に近い内容の一枚になっております。いわゆる商業ベースの音楽ではなく、実験的で尚且つ遊び心も溢れる才人同士がぶつかり合った異色作と個人的には感じております。当時はきっとキワモノ扱いされ、一部のカルト好きな方のみが好き好む作品だったと思われますが、45年経った今、国内をはじめ海外からも、このようなマニアックなレコードへの注目が集まり、当時の芸術性の高い作品は現在非常に人気があります。この富岡多恵子さんのレコードも例外ではなく、当時の販売枚数が少ない事、かつ現在の需要が高めである事が相まって、徐々にレコード市場の相場が上がってきていますので、当店でも高価買取できる対象レコードとなっています。

業者様からの買取のご依頼で、量も非常に多かったため、当日中の査定でなくて良いとのことでしたので、気になるレコードは試聴しながら楽しく査定しておりましたが、他にもいろいろな古い日本の歌謡曲やロックのシングル盤(ドーナツ盤)をお預かりしておりまして、1点1点興味深く査定しておりましたところ、あっという間に夜深くになってしまいました。初めて見るレコードなどがあると、より査定が楽しくなります。当店では約10年前後までさかのぼり、販売価格の平均や過去から現在までの価格推移などお調べし、様々な要因から買取価格を算出しています。レコードはCDやDVDとは違いバーコードが無い商品が多いですので、経験や知識、莫大なデータなどを最大限に生かし適正な買取価格をご提案できるよう、日々心がけております。見たことがないタイトル・アーティストのレコードがございましたら、ぜひ当店へ査定にお持ちください。また、査定の量が200枚以上など多く時間がかかる場合で、お客様が当日中に再度査定金のお受け取りでご来店できるお時間がない場合には、翌日のご来店も可能ですし、出張買取でお受けすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。なお、出張買取は千葉県内でしたら買取可能な枚数がLPで約100枚以上からとなっております。お問い合わせの際にどのようなレコードが多いか内容をご確認の上、お伝えいただけますと助かります。

  |